忘れず対策しておこう

セキュリティスムーズなサイト管理に重要な役割を果たしてくれるコンテンツマネジメントシステムを、不正アクセスから守るためには、どのようなセキュリティ対策をしておいたらよいのでしょうか。

ほとんどのコンテンツマネジメントシステムでは、攻撃が確認されたり、攻撃される可能性がある、ということがわかった場合、アップデートという形で追加・更新プログラムが配布されます。最新バージョンが公開されたら、必ず更新し、アップデートしておくことが重要です。その際、追加でインストールしたプラグインやモジュールなどもアップデートしておかないと、追加プログラムが攻撃の対象になることもあります。

ほかに、セキュリティ対策を目的とした追加プログラムも配布されています。日本語になっていないものも多いのですが、インターネット上には、使い方などを詳しく紹介したページもたくさんありますので、しっかり調べて組み込んでおきましょう。不正アクセスや改ざんの可能性があった場合、メールなどでお知らせしてくれる機能を持つワードプレスプラグインもあります。パスワードやユーザーIDをわかりにくいものにすることも大切です。二段階認証や画像認証も導入するとよいでしょう。認証も追加プログラムで設定することができます。

万が一、改ざんされたときのために、バックアップデータを定期的にとっておくことも重要です。コンテンツマネジメントシステムは、表示されているページがそのままサーバ上に保存されているわけではないので、バックアップがなければ、最悪の場合、最初の状態に戻ることもあります。忘れがちな作業ですが、定期的に行っておきましょう。

初心者でも構築しやすいコンテンツマネジメントシステムですが、セキュリティが甘い状態で運用してしまっては、サイト自体の評判も落ちてしまいます。しっかりと対策をして、セキュリティ性の高いコンテンツマネジメントシステムサイトを構築するようにしましょう。